Open Nav
看護師メッセージ

看護師メッセージ

理事長メッセージ
看護師としてのやりがいを、
もう一度思い出したいあなたへ

~素敵な医療は素敵な仲間と共に育める!!~

『看護師資格を取ってから、しばらく病院で務めたけど、そろそろ夜勤がつらくなってきたな…』
『病院は色々な職種の人が一緒に働いて刺激はあるけど、なかなか人間関係も大変で…』
『仕事は続けたいんだけど、結婚してからも今のペースで仕事と家事を両立出来るか心配…』
『復職したいけど子供が小さいし、ブランクもあるのでなかなか踏みきれない。勤務時間も心配…』
『今の私にはクリニックなどの小さな組織のほうが、力を発揮出来るかな?』

こんにちは。医療法人梅華会グループ 理事長の梅岡比俊と申します。
この文章を読んで下さってありがとうございます。
看護師の資格を持ちながらも、上記のような理由から、医療現場で働く事に迷ったり、諦めてしまっている方達が数多くいらっしゃると思います。
でも、あなたも元々は「病気で苦しんでいる人や悩んでいる人の力になりたい!喜んでもらいたい」という理由で看護師を目指されたことと思います。
しかし看護師になろうと決心されてから、今日までの間、決して平坦な道のりではなかったと思います。

身内に病気の人がいたり、小さい頃自分もよく病院に通っていた。そこで働く看護師さんがとても優しくて、でも優しいだけじゃなくて、先生からの指示にテキパキと動いている姿に憧れた。
そんな看護師さんを見て「私も将来、この人のような看護師になる!」って決めて、看護師をめざした。

看護学校ではすべてが初めての体験で、覚えることがたくさんあり大変だったけど、楽しいこともいろいろあった。

実習に行く前の戴帽式。キャンドルの灯りの中で「自分は何のために看護師をめざすのか」「将来、どんな看護師になりたいのか」という事を自分に問いかけた。

看護実習では、学校の授業と医療現場の違いにとまどい、師長さんや先輩に怒られながら「私は、看護師に向いているんだろうか…」と、悩んだこともあった。そんなときに、
「初めは誰でもとまどったり、失敗して怒られたりするものよ。今度は看護師として一緒に仕事ができる時を楽しみに待ってるね。」と励まされ涙を流したこともあった。

何より大変だったのが実習レポート。今振り返ってみるとよくあれだけ勉強できたと思う

国家試験の勉強も大変だった。国試も無事合格して、晴れて看護師の仲間入りを果たした、勤務初日。しばらくは患者様の名前と顔を一致させるだけで必死だった。

初めての夜勤は緊張と不安でいっぱいだった。日勤よりも看護師の数は少ないけど、患者様の病状の変化は何時でも起こりうるその緊張感の中で、眠気と疲労に必死で闘った。

初めて担当した患者様がお亡くなりになった、あの日。自分の力不足を痛感した。でもご家族から「あなたにはいつも優しく親切にしていただいたととても喜んでいましたよ。私たち家族も助けられました。ほんとうにありがとう。」って感謝の言葉を頂いたとき、本当はご家族の前で泣くなんてプロ失格かも知れないけど、止めどなく涙が溢れてきた。

初めて後輩が出来たとき、何だか昔の自分を見ているようだった。不思議なもので、仕事を教えている筈の自分も、たくさん学ぶ事があった。

色々と看護師の仕事も大変だけど、とてもやりがいのある仕事。これからも多くの患者様のために、私は頑張っていきたい。

このように看護師の仕事にやりがいを感じながらも、交代勤務の疲労の重なり、様々な職種の人が働いていく中での人間関係、 結婚、妊娠など、様々な理由で病院を退職する看護師が大半です。もしかしたらこちらをお読みのあなた様も、そんなおひとり かも知れませんね。

そんなあなた様に、私からどうしてもお伝えしたいメッセージがあります。
看護師としての情熱を、当院でもう一度思い出してみませんか?
梅華会では、理念に共感していただける看護師の方を募集しております。
特にこのような看護師の方と、一緒に仕事がしたいと思っております。

  • やる気、情熱のある方
  • 仕事を人生の一部であると捉えている方
  • 自分の意見を持ちながらも協調性のある方
  • 向上心があり、それを実行する意思のある方
  • 忍耐力がある方
  • 変化に対して順応力が高く柔軟な方

もちろん、いきなり全てを持ち合わせていなくても構わないと思っています。
ある意味でその人の人格は、その職場で作られると言っても過言ではありませんから。

しかし、一番上に掲げた「やる気、情熱」は必須です。極端な話、こ れを持っていない人は、どんな職場に行っても成長する事はありません。

新たな職場に足を踏み入れるという事は、その人にとっても非常に勇気の必要な事だと理解しています。ですから、いきなり高度なテクニックを求める事はしません。それは経験と共に身に付くものだと思っているからです。

しかし「やる気、情熱」は経験を積めば、身に付くという事ではありません。ですから医療法人梅華会グループに就職する前から「やる気、情熱」は持っていてほしいのです。

少し厳しい事を書いたかも知れませんが、私はあなたの成長を心から望んでいるのです。

医療法人梅華会グループに就職したあなたでも、いつか医療法人梅華会グループを去る時が必ず訪れます。

自分の能力の限界を感じての退職かも知れません。
ステキな男性と巡りあった事がきっかけの退職かも知れません。
新しい生命をその身体に宿した時かも知れません。
あなたが高齢の為に体力の限界を感じた時かも知れません。
退職する理由は様々だったとしても、私はあなたが医療法人梅華会グループを去る時「私は医療法人梅華会グループで働けて本当に良かった」「私は医療法人梅華会グループで働けて心から幸せでした」と思ってほしいのです。

熱意よ届け。決意よ注げ。

そんな医院作りに、是非あなたも参加してみませんか?
ここまで読んで下さって、本当に嬉しく思います。どうもありがとう。あなたとの出会いを心よりお待ち申し上げています。

ページトップへ戻る