新人スタッフの声 - 医療法人梅華会グループ採用サイト
Open Nav
インタビュー

新人スタッフの声

◆ 新人スタッフ達の声をお届け致します! ※抜粋しております。

就職活動を始めた時期を教えてください。
3月1日の解禁から動き始め、気になる業種や会社の説明会に応募してました。

3年の夏からインターンシップには参加していましたが、本格的に始めたのは3年の3月からです。
大学3年生の1月から説明会に参加し、本格的に就職活動を始めたのは、大学3回生の3月1日からです!
就活中、企業選びのポイントにしていたことは何ですか?
自分が実際に働いているイメージが付くかどうかと人と関われる事務の仕事がしたいという自分の志望職種を絞り選んでいました。
業種は絞っていませんでしたが、自分が成長できる環境であることと1つの業務だけでなく多くの業務ができる仕事を選んでいました。

医療事務で探していたのですが、なかでも複数の業務が出来ることをポイントにしていました。受付だけレセプト業務だけのように同じ業務をやり続けるのではなく、様々な業務を行う病院を選んでいました。
業種は複数に絞っていたので、その中で自分が実際に働いてる姿を想像できる企業を重視していました。
就活中、一番苦労したことは何ですか?またそれをどのように乗り越えましたか?
コロナ禍での就活だったため、オンラインによる説明会ばかりで、スライドのみの説明が多く、会社の様子が掴めないことが多かったです。その中で、自分なりに同業種で比較できる表を作り、見やすくすることで、理解を深めるようにしました。
面接です。緊張せずに落ち着いて話すこと、そして自分がどんな人間で何をやりたいのかを言語化することに苦労しました。

自分が何が好きで、何がしたいかを知ることです。他己分析や自己分析をして徐々に自分の長所や短所からやりたいことを見つけていきました。

梅華会を選んだ理由を教えて下さい。
梅華会を選んだ理由は皆さんの人柄に惹かれたからです。説明会や選考など関わる人が優しく丁寧だったこともあり、こんな人たちと働きたいという思いが強くなりました。またひとりひとりが夢を持ち行動しているというところにも魅力を感じました。
ホームページやマイナビで医療事務+何か、という点に魅力を感じました。医療事務だけに終わらない所に成長できるところが沢山あると感じました。
説明会やSNS、選考を通して、実際に働くイメージを持つことができたからです。
私が梅華会を選んだ理由は「人柄」です。説明会や選考で関わる方々が優しく、楽しそうに働いていることがとても魅力的でした。また、この先輩みたいになりたい!と目標となる人も沢山いたのも理由のひとつです。
説明会が他と一味違ったところです。リモートによる説明会にもかかわらず、カメラを持って院内をまわってくださることで、院内の様子が分かりやすかったことが印象に残っています。
梅華会の選考中に一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

実地試験があるということです。実際にクリニックで働いてみることで、具体的な業務やクリニックの雰囲気を知ることができました。自分が働いているイメージが出来たこともよかったです。
実地試験です。実際の業務を体験できたことはもちろん、画面越しに感じていた皆さんの温かい雰囲気がそのままだったことと、ちょっとしたことでも感謝の言葉が飛び交っていたことで、より働きたいという気持ちが強くなりました。

実地テストです。実際に1日働いてみるという選考がどこの企業にもない新鮮な環境でした。1日の実地テストを通して、自分が働いている姿やこんな仕事がしたいという思いが強くなりました。
同期の印象について教えて下さい。

みんな優しく、それぞれ個性があってとっても面白いです。今では良い意味で遠慮なく、相談や連絡を取り合うことができて嬉しいです。
同期が全員、年上だと知りとても緊張していました。ですが、みんなとても優しく年齢など関係なく接してくれるので、今では気軽に相談したり質問したりしています。
会う前はドキドキで、初めて会った時も緊張しましたが、今では分からないことや、共有できることは連絡を取り合い、お互い助け合っています。これからもみんなで支え合っていきたいです。
今後の目標を教えて下さい。
覚えることがたくさんで、それに精一杯になっていますが、その中でも患者さんに気遣いや気配りの心を忘れず、自分のペースで頑張りたいです。
今は日常業務を覚えることで精一杯ですが、1年後には医療事務だけではない、+αの仕事をしていたいです。
スタッフや患者さんとのつながりを大切にし、昨日より今日、今日より明日となるよう、日々の気づきを大事に頑張ります。
今は受付、会計、補助と日々覚えることでいっぱいですが、自分に自信がつくまで行動し、患者さんに寄り添った対応ができるようになることが目標です。

ページトップへ戻る