求める人材

梅華会として求める人事ビジョンを、理事長の梅岡が説明いたします。
理念を達成するためには、チームとしてベクトルを一致させて、
想いをもって目標に向っていくことが大事 であると考えています。
”ビジョンにあった人財”こそが梅華会の中でイキイキと輝いて働けると信じております。
ご一緒に楽しく働くことができればとっても嬉しく思います。

私が医療事務スタッフに求めていることは、一般に医療事務をしていただく仕事が目的ではありません。私たちと共に成長し、貢献したいと思える人財を希望しています。
ですので
年齢不問・学歴不問・医療事務経験の有無不問

全く関係ありません。医療事務である前に人として、前向きに仲間共に成長したいって思える方であれば過去を問うこと一切ありません。



過去と他人は変えられません。自分と未来は変えることができます。
その為には自分自身の強い決意と努力が必要です。

私は、今までの経験を通じ、サポートできるところは精一杯応援していきたいと思っています。ですから私にはスタッフに対する公私を区別せず接するつもりです。
他人ではなく仲間ですから当然のことです。
だから公私の区別をつけたい人は当院の求める人財に合致しません。院外研修もあるし、時間外でのイベント取組などたくさんあります。

それもすべて自分自身の成長のため、と考えることができるかどうか。
そこを突き詰めて、当院の採用エントリーにご登録いただけるかのご確認をお願いします。

以上をまとめまして当院の期待する人財をあげさせていただきます。

1.誰に対しても優しい
2.素直に人の意見を聞くことができる
3.絶え間ない成長する向上心をもっている
4.不平不満愚痴を絶対に言わない
5.何に対しても前向きである
6.公私の別なくチームメンバーと切磋琢磨する意欲がある
7.礼儀作法を重視する
8.先輩・後輩の上下関係を重んじる
9.子供と接するのが大好き
10.目的、目標を明確にして人生を大切に生きている

当院では毎年忘年会(当院では日々のスタッフへの慰労をこめて「感謝祭」と呼んでおります。)をリッツ・カールトンホテルで行っております。
一流のホテルで、ハレの場で感謝の意を誠意をこめてしていきたいという想いもあるのですが、同時に一流のサービスに触れることでより優れたホスピタリティを得るきっかけになってくれれば嬉しいと思っています。
当院にはクレド(ラテン語で「志」「信条」「約束」といった意味)という、
企業の信条や行動指針を簡潔に記したものを毎日唱和して日々の行動に落とし込んでおります。
2008年の開業以来のクレドをスタッフと共に見直して新たにさくせいいたしました。

■チーム
私たちは、最高の笑顔で夢に向かって、走り続けます。
お互いの個性を尊重し、信頼関係の下、思いやりと厳しさを持って最高のチームを目指します。


チームにはたくさんの形があります。梅華会では、スタッフだけでなく、普段からお世話になっている業者さんも含め一員だと考えます。また、夢という言葉には、”一人一人に夢はあるけど、ここでともに働きながらクリニックの夢をみんなで叶えたい”というスタッフの意見と”クリニックの夢だけではなく、個人の夢も大切にしてほしい”という理事長の意見この2つが込められています。なぜ1つにまとめなかったかというと、どちらの意見も譲れないくらい強い思いだったからです。また「個性を尊重」の尊重には、”個性と個性がぶつかり合うのではなく、みんなの個性を大切にしていきたい”そういう思いが込められています。

■やりがい
私たちは、熱意を持って院内の目標達成に取り組み成功させます。
そこから、やりがいと自信を得て、更に可能性を広げていきます。


まずどんなことにやりがいを感じるか話し合いました。するとハロウィンイベントや院内の掲示物などで成功した時やりがいを感じこの経験が自信に繋がったという意見が出ました。そのため院内の目標達成に成功させるという文章ができました。
また目標達成とは奥が深く、SMARTの法則という言葉があります。
SはSPECIFIC   具体的である。
MはMEASURABLE  測定ができる。
AはAGREED UPON 同意している
RはREALISTIC   現実的である。
Tは TIMELY     期日が定められている。
世界中の成功者は目標を紙に書き提出しているそうです。細かい目標設定が仕事に大きく響くことをこのミーティングを通して知る事が出来ました。
そして「更に可能性を広げていきます。」とは仕事にやりがいを持つことで意欲が湧いてくるので今までできなかった仕事にどんどん挑戦していってほしいという気持ちが込められています。


■成長
私たちは、長所を伸ばし足りない所を補い、できた喜びを成長と考えます。

この文章は最初「今の自分を超える」という文が入っておりました。どうして成長するのかを話し合った際ライバルに負けたくない、自分にも負けたくないという意見が出ました。
また「長所を伸ばし足りない所を補う」とは当院は年2回評価シートを行って自分を見つめなおす機会があります。このときどうしても短所ばかり考えてしまいがちですが、短所を直すより長所を伸ばすことで人より優れているところがあると認めてもらえるからです。
そしてこれらの長所が短所を補うため、できなかった不安が喜びに変わり成功と呼べるからこの文章になりました。


■改善
私たちは、スタッフが発見した問題点や患者さんからのお声をすぐに共有します。
そして、頂いたお言葉に感謝し、私たちの財産としてどのような事にも誠意を持って対応します。


患者さんから指摘されたということは、見捨てられていない証拠でもあり、もっといいクリニックになってほしいと期待されていることだと思います。そのご指摘に対して感謝するだけではなく、言って頂いた気持ちも大切にしたいので、お言葉という表現にしました。また、報連相ができる関係・環境がなければ共有することができません。そのためにDr.スタッフ間などでのコミュニケーションがとても大切だと思います。


■地域から注目されるクリニック
私たちは、親しみやすく笑顔でいっぱいのクリニックを目指します。
そして、地域から注目して頂けるように、新しいチャレンジと素早い改善に取り組みます。


この文章の中の親しみやすいという部分には、患者さんの「耳垢だけでも受診していいんですか…?」といった、ささいな症状でも嫌な顔一つせず喜んで対応してくれるような温かいクリニックという意味や、長い間来院されておらず、久しぶりに訪れた患者さんに対しても快く受付応対や診察を行ってくれるクリニックという意味が込められています。また、新しいチャレンジという部分には、クリニック全体としての取り組みだけでなく、スタッフ一人ひとりが常に新しいことに挑戦していくことで、スタッフ全員がクリニックの一員として誇りを持って様々なことにチャレンジできるのではないかという意味が込められています。そして、このタイトルにもなっている地域から注目されるクリニックという言葉ですが、なぜ注目されなければいけないのか。地域とのつながりを大切にし、より良い病院をつくっていこうとしている私たちの気持ちを知っていただくためには注目していただかなければいけません。注目していただくことで、私たちの理念にもある社会に貢献し責任を果たすことに少しでも近づけるのではないかと思い、この項目を作成しました。


■信頼
地域の方々にとって、なくてはならない医院を目指します。
そのために、信頼されるような説明・行動を心がけます。


なくてはならない医院。耳鼻咽喉科といえば「梅岡耳鼻咽喉科クリニック」がでてくること。信頼されるような説明・行動とは言葉遣いや対応です。
どんなに診察内容がよくても、愛想がなく、信頼がなければ患者さんも足を運んでくれません。以前、患者さんに「このクリニックには本当にお世話になっている。今ではこの地域になくてはならない存在なんやで?本当やで!これからもお世話になりますね、ありがとう」というお言葉をいただきました。信頼されている証拠だと感じました。
このようなお言葉をもっと頂けるように、日頃から信頼される説明・行動を心がけます。


■おもてなし・接遇
・自分の名前は世界一響きの良い言葉。患者さんのお名前を大切にします。

この言葉のとおり、自分の名前は自分にとって世界一響きの良い言葉です。
お名前を間違えてしまうと、しっくりきませんし、気分も悪くなります。
なので、一つ一つのお名前を確認し、一つ一つ大切にお呼びします。

・患者さんの話をしっかりと聞き、目を見て1人1人にあった話し方で応対します。

一人一人に合った話し方とは、当たり前ですが目上の方には敬語・丁寧語で応対します。
耳が聞こえにくい人には、ゆっくりと大きな声で。
お子さんにはお子さんに合った同等な話し方で接します。
そして、目を見てしっかりとお話を聞き、最高の接遇を目指します。

・患者さんの気持ちを第一に読み取り、満足して頂けるように心がけます。

患者さんが何を求めているのか先読みします。
たとえば、急な雨のときに濡れてこられた患者さんにタオルを差し出す。
院内にいらっしゃった患者さんには傘をお持ちかお伺いする。
「自分ならどうされると嬉しいか」一歩先読みをし、行動することでクリニックに対する印象は良くなります。
診察以外でも満足して頂けるクリニックを目指します。

・“お大事に。”心を込めて患者さんが見えなくなるまでお見送りをします。

一人一人に安心・安らぎを与え、心をも癒し、体調が悪くなったらまた来院したいと思ってもらえるよう、最後までお見送りします。
「あなたのことを大切にしています」という意味も込めて“お大事に。”を伝えます。

当クリニックは、スタッフの対応・笑顔が良いと評判です。
その評判を維持するため、またより良いクリニックにするためには患者さんに対してのサービスが必要だと感じました。

みなさん、仕事って何のためにしていますか?

生活費を稼ぐため?
社会に出て貢献するため?
それとも親から「働け」って言われるから?

仕事を通して給与を得るだけではもったいないと考えています。仕事を通して学ぶことがスタッフみんなの人生における幸福に寄与することを確信しています。



人それぞれあると思いますが、単にそれだけではなく、仕事を通して得られることはたくさんあります。

人として成長すること。
誰かのために役に立つことで充足感を得ること

ただ生活の糧だけに仕事をしているというのならそれは本当に勿体ない話。

仕事のイメージって?

仕事はいやなもの
仕事はつらいもの
仕事はきついもの

誰がそのように決めたのでしょうか?
他ならぬ自分自身が、自分の殻の中で仕事に対するイメージを決めつけてはないでしょうか?

仕事は人が幸せになるためにあるもの。、
仕事は経済的行為のみならず、精神的行為をともなう尊い作業であり誇り高き日本人にとっては聖なるものであると考えています。

梅華会で共に人生を歩んでみませんか?

きっと今までに体験したことのない素晴らしい世界が待っています。

募集職種 グレイの表示は現在募集していません。
採用エントリー
マイナビ
入職希望者の声
医院見学