Open Nav
ミッション・ビジョン・バリュー

ミッション・ビジョン・バリュー

ミッション・ビジョン・バリュー

梅華会の医療理念

ミッション(使命)

医療を通じ日本の未来を明るくする
梅華会のスタッフであるからこそ今後の日本の将来のこと、未来の子供達のことを想う。

ビジョン(将来像)

私たちは全国の患者さんのために、
イキイキと輝く日本一のモデルクリニックを目指します

(社会の求めるもの、社会の問題を解決していこうとする姿勢)

梅華会の医療理念について

開院する直前の2008年、当時私は市中病院を辞し、約半年後の開業に備えておりました。
凡そ医師になってから一番余裕のある、貴重な今後の人生を考える時間をいただきました。
そこで私はある一冊の本に出会いました。『ビジョナリーカンパニー』といいます。
全世界の繁栄する組織と衰退する組織の分け目はどう違うのかを詳細に調査研究した知る人ぞ知る名著です。
その本での一番大切な学びとは、組織としての理念を持つということです。
どういった組織であり、何が目標で、どういった方向性に導くべきなのかを、全員が理解して行動できる組織が今に至り繁栄を続けていると。
これから医院を運営していく上でチーム医療実践のためにはぜひ敷衍しておくべきことと考え、この本を片手に来る日も来る日も我々の進む根本となるであろう『理念』を考えておりました。  

理念は想いが昇華してきたときに心の底から理解してもらえる。

表層的で、浸透しない理念では成熟した組織とはほど遠いと考えます。
我々スタッフの方向性として、まさに羅針盤というべきものが理念として芽吹いてきたものが梅華会グループという結晶体となりえたと思っております。

以下5つの理念についての梅岡からの想いをお伝えさせてください。

1・社会へ貢献する名誉ある役割を担い、責任を果たす。

人は仕事をするときには、自分の仕事に誇りをもつべきだと考えています。プロフェッショナルとしての自覚が芽生え、チーム医療の中での重要な役割をもち、最後まで全うすることが重要であり、次へとつながる成果を生み出す礎になると考えております。

2・感謝し感謝される心をもつ。

クリニックに来院される患者さんは身体になにかしら問題があって来院されるわけです。そこでの治療とは従来医師→患者さんの一方通行のコミュニケーションだったのではないかと思います。我々勤務するスタッフと患者さんとの間で双方向でコミュニケーションをとっている時、あるいはスタッフ間での組織の一員として職務に取り組んでいる時など、今いる自分がいるのは決して一人の力ではなく、多くの方々からたくさん支えてもらっているからという感謝の気持ちを常に感じ取っていただきたいと考えております。

3・笑顔で楽しみながら働く。

人生も仕事も楽しいとき、ツライ時もあろうかと思います。特にクリニックにおいては体調を崩して来られる方に対し、笑顔いっぱいに元気づけるようにすることが使命であると思います。当院では仕事が楽しくなるような仕組みづくりに懸命に努力しております。
笑顔の正の連鎖反応によって、常に輝き続けるクリニックになってほしいと思っております。

4・礼儀正しく、誠実に徹する。

当院ではホスピタリティの向上を掲げております。礼節を重んじる心はクリニックの中でも常に意識していただき、一所懸命に仕事に取り組んでいきたいと考えております。そして医療という概念内にとどまらず、サービスとして何を提供できるかということを常に考え続けたいと思っております。

5・職員個々が夢を持ち、常に自己の改善に努める。

人は誰にも成長欲があると考えています。素晴らしいリーダーシップはその気持ちを出させ、ポンと一押しすることだと思います。
それで人はどんどん成長の場を欲し求め、チーム医療を志向する上では不可欠な意欲を見ることができると考えております。

以上の理念に則った永続性のある医院運営をこれからも志向してまいりたいと思っております。

ページトップへ戻る